お米の知恵袋

美味しい炊き方基本編

1

お米を量る

お米を計量カップですりきり量り、ボールなどの研ぎやすい容器に入れます。

2

すすぐ

最初の水は、米がヌカ臭さを吸ってしまわないように手早く捨てて下さい。

  • 洗米する前に一度お米をすすぐのは、お米の表面についているヌカやホコリを取り除くためです。
3

洗米

優しくかき混ぜながら洗い、白濁色がなくなるまで3回~4回ほど繰り返します。

  • 現在は精米技術が進歩した為、昔のようにゴシゴシと力強くお米を研ぐ必要はありません。
  • 玄米はすすぎのみでOKです。洗米は必要ありません。
4

水加減

研いだ後は、ザルに上げしっかりと水を切ってから、炊飯器の内釜へ移し、水加減は米1カップに対しお水も1カップが目安です。

ただし、水加減はお米の種類や硬さのお好みで調整してください。

  • アメリカの水道水は軟水に近いですが、濾過水などを使っていただくとより米の艶や美味しさが楽しめます。
  • 玄米の場合は約1.5カップ。
5

浸水

最低30分は浸水させお米に水をしっかり吸わせてから炊き始めてください。

少しでも浸水させると味が変わります。

  • 玄米の場合は2~8時間(浸水時間か長いほど柔らかくなる)。
6

焚く

炊飯器をお持ちの方は、スイッチを入れてください。

お鍋で炊く場合は、蓋をして中火にかけ、沸騰したらそのまま2分炊き、その後火を少し弱めて3分、続けて弱火に落として5~7分炊きます。

  • 玄米の場合:蓋をせずに中火で沸騰させる。灰汁をすくい、蓋をして弱火で45~55分炊く。
7

蒸らし

ごはん粒の水分を均一にするため、炊き上がってもすぐに蓋を開けずに5分~10分そのままにして蒸らします。

  • 炊飯器によっては蒸らし工程が含まれているものもあります。
8

シャリ切り

釜の底からごはん粒を壊さないように掘り起こすように切りながら混ぜます。

ごはん粒に冷気をあて表面の蒸気水を飛ばす事で、歯応えの良い光沢と透明感のあるごはんが出来上がります。

  • ご使用の炊飯器の各使用方法に従って、お水の量や浸水時間、蒸らし時間をご調整ください。

美味しい炊き方

正しい保存方法

1

精米されたお米の保存方法

お米は「生鮮食品」です。

お米の保存場所は冷蔵庫の「野菜室」が最適です。

お米に付く虫は、18℃以上で多湿の条件が揃うと発生します。(よって保存は、「比較的涼しい場所(10~15℃)」を選び、湿度が低く日光の当たらない暗いところが適します。(直射日光は避けて下さい。)

お米は、貯蔵する温度を10℃下げることで、酸化する速度を半分近く遅らせることが出来ます。よって冷蔵庫の野菜室で保管することで、常温より2倍も美味しさが持続されるのでおすすめです。

2

炊いたご飯での保存方法

炊飯器での保温は5時間が限界です。

6時間以上保存しておくと、もう1回炊飯するのと同じ位の電気代がかかり、その上、食味も落ちてしまいます。

食べきれない場合は、温かいうちにラップに包み(もしくはタッパー等の密封容器に入れ)すぐに冷凍庫に入れましょう。

冷めるとβデンプン(老化デンプン)が老化して、食味が悪くなります。

電子レンジで炊き立ての食味をよみがえらせるためには、ご飯を冷まさず温かいうちに冷凍庫に入れてください。

正しい保存方法

お問い合わせはこちら

top